賃貸は更新料がかかってきて、請求書が届いたときにはびっくりしないようにしておくことが大事になる

賃貸で連帯保証人は親にすると有利
賃貸で連帯保証人は親にすると有利

賃貸で更新料のことを知っておく

一般的な賃貸住宅のときは、契約期間は2年として最初に契約をしていきます。そしてこのお部屋を借りたいと思えば2年間住むことが可能で、さらに続けて住みたいときは契約の更新をしないといけません。そしてこのときに更新料が発生します。そして更新料は大体家賃の1〜2か月分が相場で、賃貸住宅に住んでいて、契約期間が終わりに近づけば、大抵はこのまま住み続けますか。それともお部屋を解約しますかという問い合わせた大家さんや不動産会社からあります。その時に退去するならもちろん更新料はかからないですが、まだそのまま住み続けていくときは、契約更新をすることになります。その時に、更新料がかかってきます。そして更新料は2年契約の賃貸住宅であれば2年ごとにかかります。

そして更新料以外に更新手数料や、更新事務手数料という名目のお金がかかってくることがあり、更新料は賃貸住宅を貸してくれる大家さんに支払っていくものですが、たいていの賃貸住宅は大家さんと入居者の間を不動産会社が仲介しており、更新などの手続きも不動産会社がしていきます。そしてその業務をこなしていくために更新事務手数料が必要となります。そしてその費用は1〜数万円程度が相場になっています。
Copyright (C)2017賃貸で連帯保証人は親にすると有利.All rights reserved.