賃貸では定期借家契約があり、数年前から施工されている制度で、貸主にメリットがあるといわれている

賃貸で連帯保証人は親にすると有利
賃貸で連帯保証人は親にすると有利

賃貸で定期借家契約というものがある

賃貸住宅を探しているとき、定期借家契約や、定期借家等の文字を目にしたことがあるでしょう。もしも目にしたことがなくてもこれからお部屋探しをしていく方にはぜひ知ってもらいたい制度です。それは簡単にいうと更新のない契約ということだからです。そして賃貸借契約は借地借家法といった法律が適用されて、これは主に借主を保護していくものであり、今までの借家契約は貸主から突然出ていってくれといったことや、これ以上契約を更新することはできないといった申し入れがあった時に、その申し入れに6か月の期間や正当な事由が必要になります。そして借主は常に居住していたならば突然貸主が変わっても新しい貸主に対して澄み続けることを主張できるというものでしたが、これが平成12年3月に一部改正されて、更新がなく、契約を終了することができるとなりました。

これは考えてみると入居者が大家さんに契約期間が終わったから出ていってといわれれば出ていかざる得なくなり、入居者にとっては不利なことのように思えるでしょう。ですが、そうではなくて、そもそも定期借家かどうかは、そのお部屋を契約するときにはっきりしており、契約するときに更新できないお部屋は嫌といったことならば契約をしなければいいです。
Copyright (C)2017賃貸で連帯保証人は親にすると有利.All rights reserved.