賃貸では仲介手数料をタダにしていく方法を覚えておくと、とても満足することができるでしょう。

賃貸で連帯保証人は親にすると有利
賃貸で連帯保証人は親にすると有利

賃貸で仲介手数料をタダにできる

仲介の時に不動産会社が受け取れる仲介手数料は最高で家賃の1か月分までと決められていて、本来ならば貸主も入居者も双方の条件に合うような方を探してもらって、仲介してもらったので、この仲介手数料は貸主と借主で折半されるべきでしょうが、現実は貸主がすべて負担しているときがほとんどです。そして、仲介手数料を支払わないようにしていくには、取引態様が貸主の物件を探すこと。取引態様は各賃貸物件ごとに定められていますから、広告の取引態様欄をチェックしておきます。そして、不動産会社で貸主物件はありますかと問い合わせてみたり、自分のところで建てた物件を貸している、貸主業をしている不動産会社を訪問してみることもいいでしょう。

ですが最近大家さん自ら仲介手数料は半分負担するので、入居者を探してもらいたいとお願いするようなケースが多くて、その場合には入居者が負担する仲介手数料は半分、あるいはタダになるような物件もあります。そして賃貸物件を探していくときは広告や情報誌に取引形態が記載されていますから、少し気にしてみればうまく仲介手数料がただの物件を見つけられるでしょう。そして、そうでないと、気に入った物件を借りるときに、不動産会社に、この物件仲介手数料安くなりませんかと聞いてみてはいかがでしょうか。
Copyright (C)2017賃貸で連帯保証人は親にすると有利.All rights reserved.