賃貸で面積と間取りの関係を知っておき、さらに料理が好きなら1Kのほうがいいことがわかってくる

賃貸で連帯保証人は親にすると有利
賃貸で連帯保証人は親にすると有利

賃貸で料理が好きであれば1Kを選ぶことがお得

賃貸では、たんに間取りだけでお部屋の構造が決められるのではなくて、そこに関係しているのは免責です。そして一般的には面積が小さくてもワンルームにはなりますが、1Kにするにはある程度の広さが必要になってきます。そしてキッチンがあるとき居室が6畳程度のワンルームは18平米ほどで、それに対して1Kであれば20平米ほどになります。たったの2平米であれば、それほど違いはないように思えますが、その2平米がキッチンスペースのゆとりを生みます。そしてキッチンをどのぐらいの頻度で使うかどうかといったことが問題で、毎日自炊をするといったことやお弁当を持っているなどキッチンをよく利用するときには1Kがおすすめです。

料理の臭いや汚れが部屋につかないで、また友人が遊びに来た時にすっきりさせて置くことが可能です。また同じ1Kであってもキッチンが3〜4畳ほどあればゆとりがあって冷蔵庫や食器棚やテーブルなどを置けるでしょう。そしてその一方でワンルームは仕切りがなくてつながっているということが特徴です。同じ18平米でも仕切りのある1Kよりは仕切りがないワンルームのほうが異質として利用できる空間が広くなります。そして、食事はほとんど外食などキッチンをあまり活用しない時は、ワンルームでもいいでしょう。
Copyright (C)2017賃貸で連帯保証人は親にすると有利.All rights reserved.