賃貸で手付金や申込金はどういったものなのかといったことを抑えておくことは非常に大切なことになってくる

賃貸で連帯保証人は親にすると有利
賃貸で連帯保証人は親にすると有利

賃貸で手付金や申込金をよく理解しておく

気に行ったお部屋が見つかったが、もう一度家に帰って家族と相談して冷静になってよく検討しておきたいといった状況はよくあります。そして、新築の物件で入居できるまでにまだ3か月もあり、すぐに契約できないが、この部屋を申し込んでおきたいといったこともあります。そしてそうしたときは仮押さえしておきますので、手付金をいただけますかといわれてしまうと、つい言われるがままの金額をはらってしまいがちです。ですが、その手付金は支払っていいものでしょうか。実はここにはトラブルの落とし穴が隠れています。お部屋を確保してもらうために支払っていくお金は本来正確には預り金というもので、または申込金と呼んでいることもありますが、手付金はすこし性格が違います。

賃貸借契約というものは、借主と貸主が合意しなければ成立せず、申込金は借主がその物件をしっかり検討したいから、ちょっと確保しておいてといった場合に支払うものですが、逆にこの借主に物件を貸してもいいのか、貸主に伝えて検討してもらうためにちょっと時間が必要になってくることがあります。そしてその間、お部屋を確保しておく必要性がありますから、借主からいただくといった性質もあります。
Copyright (C)2017賃貸で連帯保証人は親にすると有利.All rights reserved.