賃貸で敷金とはなにかを知っておくことは大事で、敷金は返ってくるものかどうかといったことについても重要

賃貸で連帯保証人は親にすると有利
賃貸で連帯保証人は親にすると有利

賃貸で敷金は返ってくるものかを知る

賃貸で大事な敷金は、賃借人が契約をするときに家主に支払って行くお金で入居中に家賃未払いなどがあった時などに備えて預けておくお金です。そしてお部屋を退去するときは入居中に家賃の未払いなどがないと返還される物であり、保証金というわけです。そして、保証金といった意味合いを持つのであれば、何のトラブルもなく家賃を滞納しなければ敷金は全額戻ってくるでしょうが、実際には預けた敷金より少なくなって戻ってくることがほとんどです。そしてその理由は退去するときに、それまで住んでいたお部屋の設備や使用を普通の暮らしの使い方以上に損耗した部分の修繕費が差し引かれるからです。そして実はこれがトラブルの原因です。

ちょっと話がそれてしまいますが、お部屋を借りた方はその借りたお部屋を大事に使っていく義務があって、いくら家賃を払っているからといって、どういった使い方をしてもいいといったことではなりません。そして少し難しい言葉で、善管注意義務といって、これは善良な管理者は注意をもってすまなくてはならない義務のことです。そして、故意に壊したりしてはいけません。それでも故意ではなくても過失で物を壊してしまうこともあるでしょう。
Copyright (C)2017賃貸で連帯保証人は親にすると有利.All rights reserved.